青山書院・会社概要

お勧めの本

お釈迦さまの教え

釈尊の有名な教義。大量ご注文はお電話で承ります。

600円(税込)

お釈迦さま
数量 :
                

青山書院の仏教まんが「幸せを育てる教育まんが」シリーズ

全国に仏教系の幼稚園・保育園の数は計り知れないほどある。日々の教材は、それこそ千差万別であろう。 しかし何とかして次の世代を生きる子供たちが、立派な、思いやりの豊な、明るい、
素直な、頼母しい人間に育って欲しいと願わない親や教師はいないはずである。

ところが、 現代の子供達の周辺には俗悪そのものといってよいエロ、グロ、ナンセンスの充満したまんが本が これでもかところがっている。商業主義に毒されたマス・コミは無心の子供達の純真な心を虫ばんでいるとい っても過言ではない。このまま商業主義の犠牲となったまんが界の行き過ぎを看過ごしてよいとすれば、次世 代の青年男女の行手に希望はないことになる。やがてしらけた無気力の大人をこしらえることしかできない。
ここに青山書院刊行の教育まんが絵本のレーゾン・デートル(存在理由)がある。

お釈迦さまのみ教えは、わかりやすい形で抵抗なしに受け容れられて、はじめて人びとの生きる糧となる。
親や教師が人間としての愛情のこもったまんがを子供らのために探すとすれば、まず
1.大人も子供も目で見て楽しい絵がなくてはならないし、
2.呼んで面白いストーリーがなくてはならにし、
3.読んだり見たりして、明るくほがらかな情緒を呼びおこすものがなくてはならないであろう。
そしてなによりも大切なことは、
4、それを通して親と子が、教師と生徒が話し合える思いやりのある共通の広場を作り出すことのできる素材 をもっているということではなかろうか。

青山書院刊の教育まんが絵本は、このような配慮のすべてを充たしてくれるようである。
「悪貨は良貨を駆逐する」という。今や乳幼児対象の絵本、まんが本のたぐいに到るまで、暴力やセックスの氾濫している世の中であるから、お説教くさい内容のまんが絵本はとっつきにくいかもしれない。しかしながら、内容のすぐれたものはいつの世にも大切にされることは変わりがない。
見ていてあきない絵本としても大人も子供も楽しめる苦心の跡がその稿集技術の一つ一つにうかがえる。お説教くささを表にださずに、抵抗なくうなずけるように工夫されている点が、他の類書の追随を許さない。 青山書院の永い伝統とこの道一筋に打ち込んで来たスタッフの信仰と努力の賜物といえるであろう。

まんがの絵は気品があり、いやらしさのない誰にも親しめる現代一流の画家の筆になるカラー刷りであり、ほとんど各宗派の経典や祖師たちの教材や特殊な寺院の縁起に関するものまで網羅して多彩な点数を誇り、あまつさえ海外向けにと英訳された絵本まで数えられる。

お誕生日の記念に、行事の引き出物に、施本に手ごろな価格で贈って、必ず悦ばれるものといえば、このような未来の心を育てる絵本などが恰好のものであろうし、これからもどしどし、新しい企画に対応して、明日を育てる、誰にもわかる法のともしびとなってほしいものである。

立正大学教授 田村完誓

Copyright AOYAMASHOIN. All rights reserved